ユンボの情報

ユンボの分類

広告

1.大きさによる分類
・ミニショベル
 機体質量6トン未満、標準バケット山積み容量0.28立方m未満のユンボを一般的にミニショベルと呼びます。機体重量3トン未満のものは「小型車両系建設機械」の特別講習を受けることで操縦することができます。
 機体重量6トン以上のものは「車両系建設機械」の技能講習を受けないと操縦できません。

・超小旋回形油圧ショベル
 自身のクローラ全幅の120%以内の面積でコンパクトに全回転できるユンボは「超小型旋回形油圧ショベル」といいます。なるべく狭い現場でも作業ができるようになっています。

・後方小旋回形油圧ショベル
 クローラ(キャタピラ)全幅の120%以内の面積でコンパクトに全回転できるユンボのうち、後端半径だけを小さくしたユンボのことです。

2.走行方式よる分類
・クローラ式ユンボ
 クローラで走行するユンボです。最も一般的です。公道を自走できないので、トラックやトレーラで運びます。

・ホイール式ユンボ
 車と同じくゴムタイヤで走行するユンボです。クローラ式と比較して、路面を傷めません。

・トラック式ユンボ
 トラックの後ろにブーム、バケットというような掘削装置が付いたものです。自動車と同じように公道を自走でき、作業者も3人ほど乗れるのが特徴です。


一般的なクローラ式ユンボ

  

HOME


ユンボの種類

ユンボの資格

建築関連通信講座

ユンボのレンタル

リンク

プロフィール

メールはまで

 

 当サイトは相互リンクを大歓迎しています。詳しくはリンクについてをご覧願います。

広告
Copy Right ユンボの情報 Since 2007